照明

発想を変える

写真スタジオではどうしてあんなにキレイに撮影することができるのか、理由はいくつかありますが、最近ではスマートフ More »

親子シャッターチャンス

保存方法

最近ではスタジオで印刷して額縁に出来上がった写真を保存するようなことはたまにしかやらなくなり、携帯電話やスマー More »

 

発想を変える

写真スタジオではどうしてあんなにキレイに撮影することができるのか、理由はいくつかありますが、最近ではスマートフォンや携帯電話、コンパクトなデジタルカメラの画質も上がってきているのでプロが撮影したような写真を撮ることは案外カンタンになっています。
そこで、ポイントは観光地などで人物の写真を撮影する時には旅先が一目瞭然でなくてはいけません。
なので、背景が切れてしまった写真では旅先がどこかわからない写真になってしまいます。
そこで、背景と人物のバランスよく写真を写すことが重要で、人物に近づいて縦位置で撮影したことによってバランスよく撮影することができ、旅先が一目瞭然でわかるような写真に仕上がります。
やはりその観光地の代表的な風景やシンボリックなものや観光地の名称が入ったものと一緒に人物を撮るようにすることが大事になります。

保存方法

最近ではスタジオで印刷して額縁に出来上がった写真を保存するようなことはたまにしかやらなくなり、携帯電話やスマートフォン、コンパクトなデジタルカメラが普及して気軽に写真を撮影することができるようになりましたが、その大切な思い出の写真をこの先何年も大切に保存しておきたいものです。
そこで、どのような保存方法があるのかを紹介します。
写真を保存する方法はパソコンに保存している方が多いのですが、しっかりとバックアップをとっていないと一瞬で消えてしまうこともあります。
バックアップには外付けのハードディスクがオススメで、手軽に大容量でもバックアップすることができます。
ハードディスクは平均で3年から4年で当然故障することがあるので注意も必要になります。
他の方法としてはDVDやBDに保存することがありますが、ハードディスクに比べてると容量は少くなりますが、寿命は10年から100年も持ちます。
または、プリントアウトして写真として紙に残すのもいいことです。
自宅でのプリンターを使った写真のコストは写真の大きさやプリンターなどにもよりますが平均で17円程度になります。

クラウドで保存するのも一つの手です。ハードディスクに負担がなく、パソコンが突然壊れてもこのクラウドにあずけておけば消失することはありません。
ネット環境があればいつでもどこからでも写真を見ることができます。

料理を撮る

外食した時に美味しそうな料理だった場合や上手く料理を作ることができた場合にスマートフォンなどで写真をとっている方は多いです。
ですが、プロの写真スタジオで撮ったような仕上がりにするのは難しいと考えている方が多いのでカンタンに美味しそうと思われる写真撮影のテクニックを紹介します。
ポイントはヨコよりタテで撮影することです。
料理の皿がいくつかあってそれを並べて取る場合にヨコよりタテで撮影したほうが絶対いいです。
ヨコの構図だた料理の全体は撮ることができますが、つまらない平均な写真になってしまいます。
そこで構図をタテにするだけで、写真に奥行が生まれて表情が豊かで楽しげな写真が撮れます。

重要な部分によってから撮影することもポイントです。
料理の質感を表現するには素材によってから撮影することがポイントで、特に美味しそうに魅せたいところにピントを合わせて撮影することが重要です。
全体的に真上がから撮影するのではなく近づいてからボリューム感や質感をより一層表現することができるようになります。

美味しく見せる

料理を撮影する時に写真スタジオで写したかのような美味しそうな写し方、お店のメニューとして使えるほどの写真の仕上がりを目指してカンタンに撮影する方法を紹介します。
◆ 余計なものは写さない
失敗写真によくあるのが被写体気を取られて余計なものが写り込んでしまうことですが、スマートフォンのカメラでは広角レンズ気味なので広いものが撮れてしまうのが一つの要因です。
少し離れてから撮影する場合にはズームをして撮影することによって後ろのものが写りにくくなるのでお皿の歪みなども減ってより自然な写真が撮影することができるようになります。

◆ピントを合わせること
これは当たり前のことですが被写体の料理をテーブルび手前に配置してピントを合わせて奥行きのある構図で撮影すると料理にピントがあって奥の部分、背景をぼかすことができます。
これで、料理が際立ってプロのような美味しそうな写真を撮影することができます。